• 自覚症状がない

    高脂血症はほとんど自覚症状がありません。疲れがとりにくい、身体が少し重いなど軽度の症状しかないため気づきにくい病気になります。悪化することはほとんどないので心配はありません。しかし、他の病気が併発するリスクが高まります。

  • 合併症を引き起こす

    高脂血症は、血液の巡回を悪くするため心臓などに負担をかけてしまいます。そのため、合併症を引き起こしやすい症状になります。合併症には、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症が挙げられます。

  • 血液の流れを良くする

    血液の流れを悪くするものに、高脂血症があります。喫煙やアルコールの摂取、脂物を過剰摂取することによって発症します。しかし、自覚症状がないため気づかないことがほとんどです。

高脂血症とは

のどにある甲状腺の病気は適切な治療を受けることで毎日快適な生活を送ることができますよ。今すぐ病院にいきましょう。

私たちが普段生活していると、どうしても病気にかかってしまうことがあります。
感染症の代表的なものに風邪が挙げられます。
また、インフルエンザなども毎年流行するため予防を行なっても感染してしまうことがあります。
病気の中には、自覚症状がないものもあります。
高脂血症も自覚症状がない一つの病気になります。

高脂血症の症状には、身体が少し重たいことや疲れがとれにくいことが挙げられます。
このように、症状がほとんど無いため高脂血症を疑う人はほとんどいません。
症状が悪化することもないため、気付かずそのままの人もいるでしょう。
しかし、高脂血症は様々な大きい病気を併発してしまう可能性がある病気なのです。
自覚症状がほとんどないため、早期発見は難しいものです。
しかし、定期検診など受けることで見つけることが出来ます。

高脂血症の中でも、家族性高コレステロール血症という病気があります。
家族性高コレステロール血症の場合、高脂血症よりも症状がわかりやすいものです。
家族性高コレステロール血症の人は、アキレス腱や肘や膝の中にコレステロールの塊があります。
また、目にも症状が出るケースもあるため早めに症状に気づくことが出来ます。
家族性高コレステロール血症は、遺伝によって発症してしまうことがあります。
その他にも、自分の子どもにも遺伝してしまう可能性がある病気になります。
治療をせず放置すると、小さい頃からおよそ二十歳までに心筋梗塞や狭心症を招いてしまいます。
そのため症状を発見次第、すぐに医者に相談することで改善することが出来ます。

オススメリンク